SSブログ

【恐怖】手段を選ばない彼の姉 [日記]



再度、お金を貸して欲しいと
要求してきた彼の姉に対してはわたしは

貸すのは良いんですけど、
一度彼に相談してみてからで良いですか?

と質問をぶつけてみた。

するとどうなったかと言いますと
それを書く前に1つだけ

ある方からのコメントをご紹介致します。

『いまさら彼に言うのは無しじゃないですかね。なんで最初の時に言ってくれないの⁈って私なら思うなぁ。トラブルは相談するなら小さいうちに、手に負えなくなってから相談するなんて後処理を彼に丸投げするようなものでは?前回のご自分の行動が二回目の借金申し込みを招いたのは間違いない、だから彼には言わず自分でお姉さんと話して処理すべきだと思いますよ。
って書くと断るためにそう言っただけで実際彼に話そうとは思ってないって言われちゃいますかね。 』

全然厳しいコメントではありません
そして何よりまさしくその通りでして

どんな反応するかカマを掛けただけです。

彼に言うつもりなんて毛頭ありません
何故なら、そんな告げ口のような事をすれば

お姉さんのわたしへのあたりが強くなる
そういった可能性もあるからです。




そして肝心なお姉さんの反応はというと

それはちょっと待って…絶対言わないで

といった具合に明らかな動揺が見られました
それはそうでしょう、そもそも大前提として

前回貸した時にも「家族には内緒
そう言われていたからです。

更に矢継ぎ早にわたしはこう言いました。

でも、一度きりと前回言いましたし
またお願いされるとも思ってなかったので
彼に相談してOKなら貸します。

彼の姉がそれで良いと言うわけないのに
非常に意地悪な条件を提示しました。

この流れで諦めてくれるかと思いきや
ところがどっこい…お姉さんは諦めない

そこをどうにか」と食い下がって来る…
これには驚いたし予想外でした。

もっと驚いたのはここからです。

どうしてもお金を借りたいが為に彼の姉が
ある取引を持ちかけてきたんです…。

貸してくれたら弟の秘密教えてあげる。

謎の闇取引きを…。


読んで頂きありがとうございます、最後に応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク



タグ:お金 取引 条件
nice!(2)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます